不安を感じる必要はない

人は、さまざまな理由で大学を中退するものです。経済的な事情がある人もいれば、病気で大学に通えなくなる人もいます。単純に、遊んでいて大学に行くのが面倒になったという人もいるでしょう。そうした人たちは、基本的に大企業の面接は受けることができなくなります。多くの大企業は新卒者にだけ門戸を開いているので、大学を中退した人はお呼びでないのです。
確かに、大学を中退してしまうと、大企業の正社員になることは難しくなってしまいます。しかし、何も人生に不安を感じる必要はありません。大学を中退した人でも、その後の努力次第では大きな成功を手にすることができるからです。
たとえば、資格を取得するのもいいでしょう。弁護士の資格や税理士の資格、公認会計士の資格を取得すれば、大学を卒業した以上の評価をされるのが普通です。大学を中退した人も内定を勝ち取ることができるので、問題はありません。
スキルを磨いて、自営業者になるという道もあります。今は、大企業の正社員になったからといって、それだけで人生が安泰という時代ではないのです。いつリストラされるかもわからず、そもそも最初から自分の腕一本で食べていけるようになるのは、賢い選択だといえます。腕に自信があれば、どういった社会情勢の中でも、生きていくだけのお金を稼いでいくことができるでしょう。
自営業は、成功すれば会社員以上の年収になることが多い仕事です。正社員のように給料へ上限がないので、努力をすればいくらでも稼いでいけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です